看護師求人 > 看護師求人~病院勤務の看護師~

看護師求人~病院勤務の看護師~

看護師の働く場所として一番多いのは病院でしょう。一言で病院とまとめてしまいましたが、総合病院などの大きな施設だけではなく、個人経営の病院もあります。国立病院や県立病院などは人気が高く、福利厚生などのサポートがきちんとしているのが多くの看護師たちから支持される理由です。中でも、透析看護師求人は病院看護師の間でも人気です。

病院というと夜勤を思い出す人もいると思います。ただし診察科目の種類によってや病院の大きさによっては日勤だけの病院もありますし、勤務条件や報酬にも違いが出てくるものです。

病院という言葉の正確な意味としては、「二十床以上の入院設備が整った医療機関」となっています。科も様々で、外科や内科、産婦人科にリハビリテーション科など、いろいろな診察科が存在していますし、患者さんが訪れて診察を受ける外来、入院して病気を治していく病棟があるのも病院の特徴です。

看護師の卵たちは看護師免許を受け取った後ほとんど全員が病院を職場に選択します。その理由は看護師としての経験を積むためであったり、知識を手にするためだったりと色々です。
助産師求人サイトを使って就職活動

新人の看護師だけではありません。看護師免許を取得している人の七割以上が、職場を病院に選んでいます。病院で働くことで看護師としての経験を積めることや知識を手に入れられるだけではなく、お医者様や他の病院スタッフとの連携を取ることによって、チームでの連携力、コミュニケーション能力を鍛えられることにも繋がるでしょう。

病院で働くことは、広範囲での業務内容をこなすという意味です。勤めることになった科によって、仕事の内容も使用する医療機器も変わってきます。そして何よりチームワークを重視されるのが病院です。病棟も外来もどちらもチームワークを必要とされます。

ただし女の人が多く中心となっている仕事のため、グループが作られてしまい、ストレスが蓄積されることも少なくありません。ですが看護師の卵が必ず通過する病院というのは、能力の底上げにはとても適しています。

科の移動も珍しくないため、上司や師長と相性が悪いと感じたときでも、もしかしたら1年耐える事で移動できるということも考えられますし、逆に希望の科へと移動が決まることもあるようです。

患者さんが初めて病院に来た際に診察を受けることになるのが「外来」となります。外来で働く看護師の業務内容は、深夜や朝早く救急で訪れた患者さんや、その日の外来予約のチェックをしたり、患者さんが滞りなく診察を受けられるように準備をしたりすることなどです。

診察が開始されてからはお医者様のフォローや、お医者様からの指示を受けて患者さんのケアを行います。患者さんのサポートや、診察がスムーズに進められるよう荷準備するのも外来看護師の業務です。

病院の中には午前中だけ外来を受け入れる施設もありますが、そのようなケースでは看護師会議に参加したり勉強会などを行って午後を過ごすようです。病棟勤務の看護師の業務内容は入院患者さんを着替えさせることや、洗髪、体温チェック、採血に血圧の確認、食事のサポートなど様々です。

安全に患者さんの周囲のお世話をするために体を支えたり、治療のお手伝いなどもメインの仕事内容になります。病棟の業務というのはここで終了、ということはありません。患者さんが入院している間は、つまり一日中ずっと仕事に終わりはないのです。

一日中病棟看護師は必要なため、勤務形態としては交代制になっています。多くの病院では「三交代制」「二交代制」を選択しているようです。病院を職場に選ぶということは、夜勤を覚悟するということにもなります。